MENU
カテゴリーから探す
ぜみっこり
子どもを愛するただの一般人が、
娘たちへの愛と研究欲が止まらなくなり、研究とブログが趣味と化してしまった教材オタクのブログです。

安すぎて大丈夫?【ポピー】が最初の通信教育におすすめできるワケ

月々1,000円程度で入学準備が出来てしまう幼児ポピー。

ご近所さん

安すぎて心配

ぜみっこり

幼児ポピーはシンプルな紙教材
値段は安くても、十分な内容になっているから解説するね

月刊ポピーの特徴
  • 問題の難易度はやさしめ
  • 月1,000円ていどで、机に向かう習慣づけができる
  • 対象年齢は、幼児ポピー(2歳から)~中学ポピーまで
  • 内容はシンプルな紙教材が中心
  • 小中学校で使われる学習教材をつくっている「株式会社新学社」で制作

はじめてのお勉強におすすめの教材です

幼児ポピー

目次

月刊ポピーは格安教材

月刊ポピーはやさしい問題でお勉強の入口にピッタリ!特に幼児のお子さんへオススメです。受講料の安さが1番目を引く強みですが、教育方針も共感できます。幼児向け、小学生向けでそれぞれにオススメできるポイントがあるのでご紹介致します。

幼児時期に必要なお勉強とは?

ぜみっこり

まず、小学校入学準備にあたる幼児にとってお勉強のゴールはどこでしょう?

  • お勉強の楽しさを知る
  • お勉強を習慣づける
  • 入学時にお勉強が得意だと思ってもらえるように入学準備をする

月刊ポピーは特にはじめてのお勉強にオススメできます。講座内容はシンプルな紙教材、ひらがな読みに慣れていない幼児さんには問題読み・答え合わせの○つけなど、親のサポートは必要な場面が多い教材です。しかしその負担こそが強みです。

小さいお子さんにとって、ノルマ的なお勉強より、パパママと一緒にするお勉強のほうが100倍楽しいです。

一緒になってお子さんとお勉強をたのしむことで、お子さんにとってのお勉強は大好きなパパママとの遊びになり、パパママもお子さんの得意なところと苦手なところをちゃんと把握できるようになっています。

あっちゃん

パーパー💛一緒におべんきょうしよー

教材を作っている会社の発行で教科書にそった教材

月刊ポピーの教材は、実際に学校の教材づくりに携わる㈱新学社で監修されています。教科書以外のお勉強も大切ですが、実際の学校教育にそった内容になっているので自然とテストの点が上がりやすいお勉強方法です。

テストの点はお子さんの勉強意欲に反映されるので、効率の良い勉強方法です。

2月刊ポピーの料金

月刊ポピーは月額980円から始められます。その他、追加費用のかかる教材も用意されています。

「値段が最大のオススメしやすいポイントなので、個人的にはには基本講座で十分だと思ってます」

月会費(税込み)

ぜみっこり

月刊ポピーは2か月からの受講が可能です

2-4歳 ももちゃん・きいどり各980円
4-6歳 あかどり・あおどり各1,100円
小学ポピー1年生2,500円
小学ポピー2年生2,900円
小学ポピー3・4年生各3,300円
小学ポピー5・6年生各3,800円
中学ポピー1年生4,800円
中学ポピー2年生5,000円
中学ポピー3年生5,100円

オプション

ポピーkids Englishは、音声ペン(ポピペン)を使って、英語に触れられる教材です。

価格は月額 各1,680円 最初に購入が必要なポピペンは3,300円になります

ポピーkids English
  • レベル1 年中~小学1年生
  • レベル2 年長~小学2年生
  • レベル3 小学1年生~小学3年生

レベルに応じて受講可能です

月刊ポピーの良いところ

お子さんのお勉強についてどこまで望んでいますか?将来的に塾にも通わせて有名校を受けさせると決めている「教育ガチ勢」のパパママには他の選択肢もオススメしたいです。

月刊ポピーは安い講座料で、お勉強の入口だったり、とりあえずはテストの点を取れるようにしたい方。幼児の時期は一緒にお勉強をする時間を作ってあげれる方にオススメです。

余分な付録がなく格安

付録が無いのがメリットなのには意外な人もいらっしゃるかもしれません。理由は2つ。

  • 部屋が散らかりにくい
  • シンプルな教材なのでリーズナブル

楽しい知育玩具は、素晴らしい教育方法ですが、ものが増えるとどうしても散らかりますし、慣れるまでパパママが一緒に楽しんで勉強してくれれば、オモチャなんかより楽しんでお勉強をしてくれます。

ぜみっこり

理想は一緒に楽しんで勉強すること。それさえ出来れば楽しめる紙教材で十分です

学校教育にそった教材でテストの点が上がる

月刊ポピーは、実際に学校の教材づくりに携わる㈱新学社にて監修されています。

学力も大事ですが、1番大事なのは継続的にお勉強をしてくれる習慣づくりなのは間違いないでしょう。

学校教育にそった内容の教材のため、テストの点は自然と高まります

テストの点が高いと自分はお勉強が得意と感じてもらえ、得意なことは自主的に学ぼうとしてくれます。

ぜみっこり

勉強しなさいと言わなくてもお勉強してくれるようになれば勝ちですね

親子の絆を深める

子供の頃に遊んでくれたかどうかは、後々残ります。特にパパさんにはお勉強を通じてたくさん関わって欲しいです。

正直私も仕事だけの父親が苦手でした。孫(私の子)が出来てから父と話す機会が増えましたが、孫と仲良くしている私を見て父は後悔をしていました(笑)

話がそれましたが、小さい時にたくさん子供との時間を費やすことはとても大切ですし、取り戻すことは出来ません。子育てや仕事など大変だと思いますが、目一杯一緒に遊んで学びましょう

月刊ポピーの弱いところ

この価格であれば十分なサービスですが、他の教材に比べると内容量やコンテンツ量は少ないです。最近の通信教材トレンドは、知育玩具やタブレットといった、親の負担をなるべく減らす事を目指した教材が多くなっています。

解決策は親子でお勉強を楽しむ事ですが、どんな教材であっても親子で取り組んだほうが良いに決まっています。

内容的には遊びながら学べるやさしい問題が多いので、1度資料請求でサンプルを試してみると良いでしょう。

勧誘がくるんじゃないの?

勧誘の電話がかかることはありますが、月刊ポピーは強い勧誘ではないので「検討中でお電話必要ありません」と伝えればそれ以上勧められませんでした。

その後は1度もかかってこなかったよ。

まとめ

月刊ポピーは、親子で楽しみながらお勉強するやさしい問題の紙教材になります。

お勉強の入口としては入りやすく、月額980円安からと格安なので多くの人にオススメしやすい教材です。

退会の縛りや、入会金もなく2ヶ月から利用できるので、気軽な気持ちでお試しいただいて良いと思います。

お子さんの将来に対して、親の行動や考え方の影響は非常に大きいです。他の教材でも全く問題ありません。マニアックな教材でない限り大ハズレの教材なんてほとんどなく、どの教材を使うかよりもお勉強出来る環境を与えてあげるかどうかが重要です。

中でも月刊ポピーは費用的な負担は大きくありません。特に入学前のお子さんをおもちの方は小学校への入学準備は非常に重要なので早めにスタートしてあげて欲しいと願っております。

幼児ポピー

無料でお試しできる教材は他にもあります。ご参考になさって下さい。

あわせて読みたい

▼【まとめ】幼児向け通信橋軸教材

【2022年11社を比較】幼児通信教育教材のおすすめは?

▼はじめてのお勉強にオススメ やさしい問題の紙教材

安すぎて大丈夫?【ポピー】が最初の幼児教材におすすめできるワケ

▼利用者ナンバー1オールマイティーな内容

後悔しないためデメリットを確認!こどもちゃれんじの口コミと評判

▼年中さんにオススメ タブレット教材

年中さんにはスマイルゼミをオススメしたい

▼年長さんにオススメ タブレット教材

年長さんにオススメのタブレット教材じゃんぷタッチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次